便秘とアスパラガス

便秘を解消する為に有効となる食材はアスパラガスです。なぜならアスパラガスには腸の蠕動運動を良くする成分が豊富に含まれている為です。腸の蠕動運動が悪いという事は腸が直腸へ押し出されていかない事であり、それは便秘の原因となります。ですから、便秘を解消する為には腸の蠕動運動を良くする必要があるのです。ちなみにアスパラガスに含まれている腸の蠕動運動を良くする成分とは不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維とは水分を吸収して訪朝する食物繊維です。そして、前述した特徴から腸壁を刺激して腸の蠕動運動を良くするのです。腸の蠕動運動とは腸壁が刺激されることで良くなりますからね。ということで不溶性食物繊維を多く含むアスパラガスは便秘を解消する為に役立つのです。


便秘 サプリメント
[PR]

  # by superace1208 | 2014-02-04 19:55 | 健康

脂肪肝とエリンギ

脂肪肝を予防する為に有効となる食材がエリンギです。ちなみにエリンギが脂肪肝を予防する為に有効となる理由はキノコキトサンの働きによるものです。キノコキトサンには血液中の中性脂肪、コレステロールが必要以上に増加することを抑制する働きがあります。中性脂肪、コレステロールとは身体に必要な成分ではあるのですが必要以上の増加すると脂肪肝を含め様々な疾患の原因となります。そして、中性脂肪、コレステロールが必要以上に増加する原因は血液中の中性脂肪、コレステロールが過剰になる事が原因なのです。なぜなら中性脂肪、コレステロールは血液を介して全身へと供給される為です。ですから血液中の中性脂肪、コレステロールの増加を抑制するキノコキトサンを含むエリンギは脂肪肝を予防する為に有効となるのです。

脂肪肝 サプリメント
[PR]

  # by superace1208 | 2014-02-02 07:29 | 健康

オクラと中性脂肪

オクラは中性脂肪の増加を抑制する為に最適な食材です。なぜオクラが中性脂肪の増加を抑制する為に最適な食材なのかといえばペクチンが豊富に含まれている為です。ペクチンとは水溶性食物繊維の一種です。水に溶けてゲル化することで腸壁から血液中に吸収される中性脂肪を吸着して便として体外へ排泄させる働きがあります。以上の働きがある事から水溶性食物繊維は中性脂肪の増加を抑制する為に役立つのです。ですから水溶性食物繊維の一種であるペクチンが豊富に含まれているオクラは中性脂肪の増加を抑制する為に最適な食材なのです。以上話をまとめるとオクラには腸壁から血液中の中性脂肪が吸収されることを抑制するペクチンが豊富に含まれています。ですからオクラは中性脂肪の増加を抑制する為に最適なのです。

中性脂肪 サプリ
[PR]

  # by superace1208 | 2014-01-26 06:50 | 健康

便秘とイヌリン

便秘を解消する為に有効となる成分がイヌリンです。なぜイヌリンが便秘を解消する為に有効となるのかと言えば便を柔らかくしたり便の滑りを良くしたりする為です。便秘とは腸の便が停滞し硬くなっている状態です。ですからイヌリンによる便を柔らかくしたり滑りを良くしたりする働きは便秘を解消する為に有効なのです。なぜイヌリンには前述した働きがあるのかと言えば水に溶けてゲル化する為です。そして、硬くなった便をコーティングしたり混じり合う事で便を柔らかくしたり滑りを良くしたりするのです。ごぼう・菊芋・にらに豊富に含まれているので、それらの食材を食べることでイヌリンを十分に摂取することが出来ます。
便秘 サプリ
[PR]

  # by superace1208 | 2014-01-07 06:33 | 健康

いりことDHA・EPA

いりこにはDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。ちなみにDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)とはオメガ3脂肪酸と呼ばれる一種の脂肪酸です。常温で液体であり身体の中に摂り込まれても即燃焼されて溶けてしまう為太りにくい脂肪酸でもあります。つまり、DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)とは良質な脂肪酸なのです。そんなDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれている食材がいりこなのです。なんと、いりこ100gにDHA(ドコサヘキサエン酸)9500㎎・EPA(エイコサペンタエン酸)11800㎎含まれています。DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)の必要摂取量は1日1000㎎ですから大変豊富ですよね。
dha epa サプリメント
[PR]

  # by superace1208 | 2014-01-05 15:11 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE