脂肪肝とイノシトール

脂肪肝の予防・対策に有効となるのがイノシトールです。イノシトールは別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれるほど脂肪肝の予防・対策に有効となる成分なのです。なぜなら、イノシトールは脂肪の流れを良くして、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないようにコントロールする働きを担っている為です。脂肪肝とは肝臓に中性脂肪・コレステロールが過剰蓄積してしまう疾患です。ということで脂肪肝の予防・対策とは肝臓に中性脂肪・コレステロールが蓄積しないようにすることなのです。ですから、イノシトールは脂肪肝の予防・対策に有効となるのです。ちなみにイノシトールとはオレンジ・すいか・メロン・グレープフルーツ・桃に豊富に含まれています。このようにイノシトールとは果物に豊富に含まれています。

脂肪肝
[PR]

  # by superace1208 | 2014-09-22 05:41 | 健康

コレステロールと魚卵

コレステロールを上げる原因となるのが魚卵です。なぜなら、魚卵にはコレステロールが大量に含まれている為です。ですから、魚卵はコレステロールを上げる原因となるのです。しかし、魚卵は適度に食べる分にはコレステロールを下げる為に有効となるのです。なぜなら、魚卵にはDHA・EPAとコレステロールを下げる働きがある成分を含む為です。ちなみにDHA・EPAとは魚卵の脂分に含まれている成分です。オメガ3脂肪酸に分類される栄養素である為、体内で生成する事が出来ない必須脂肪酸でもあります。その為、毎日摂取しなければいけない成分です。だからといって魚卵ばかり食べれば良いわけではありません。魚卵にはコレステロールが大量に含まれている訳ですからね。

コレステロール 下げる
[PR]

  # by superace1208 | 2014-09-11 06:50 | 健康

中性脂肪とアジ

中性脂肪を減少させる為に有効となるのがアジです。なぜなら、アジには中性脂肪を減少させる働きがあるDHA・EPAが豊富に含まれている為です。中性脂肪を減少させる為には一日当たり1000㎎程度のDHA・EPAが必要となるのですが、アジには可食部100g当たり1156㎎のDHA・EPAが含まれています。ですから、アジを100g程度食べれば中性脂肪を減少させる為に十分となるDHA・EPAを摂取する事が出来るのです。ただし、DHA・EPAには酸化しやすいという弱点があり、酸化したDHA・EPAは動脈硬化や老化のスピードを早める原因となるのでアジを食べる際は鮮度に注意してください。DHA・EPAとはアジの鮮度が落ちることに比例して酸化していくためです。ということで中性脂肪を減少させる為には新鮮なアジを食べるようにしましょう。


中性脂肪 サプリメント
[PR]

  # by superace1208 | 2014-09-10 06:12 | 健康

中性脂肪とエゴマ油

中性脂肪を減少させる為に有効となるのがエゴマ油です。なぜなら、エゴマ油には中性脂肪を減少させる働きがあるα-リノレン酸が豊富に含まれている為です。ちなみにα-リノレン酸とはオメガ3脂肪酸に分類される栄養素です。肉類の脂身に含まれている脂肪酸のように中性脂肪を増加させるという事はありません。むしろ中性脂肪を減少させる為に有効となるのです。このように食事から摂取する脂の質によって中性脂肪は増加もするし減少もするのです。そして、中性脂肪を減少させる為に有効となるのがα-リノレン酸なのです。ただし、α-リノレン酸には酸化しやすいという弱点があり酸化したα-リノレン酸は動脈硬化や老化のスピードを早める原因となる為に注意が必要です。

中性脂肪 減らす
[PR]

  # by superace1208 | 2014-08-27 06:09 | 健康

糖尿病とあたりめ

糖尿病を改善・解消する為に有効となるのがあたりめです。なぜなら、あたりめにはタウリンが豊富に含まれている為です。タウリンにはインスリンの分泌を促進する働きがありますからね。ですから、あたりめは糖尿病を改善・解消する為に有効となるのです。しかし、あたりめは頻繁に食べる事は控えたい食材なのです。なぜなら、あたりめには糖尿病を改善・解消する為に有効となるタウリンだけではなくコレステロールやプリン体など身体に害を及ぼす成分も豊富に含む為です。まず、コレステロールは動脈硬化や脂質異常症の原因となりますし。プリン体は痛風の原因となります。このようにあたりめには身体に害を及ぼす成分も豊富に含まれているのです。

糖尿病 サプリメント
[PR]

  # by superace1208 | 2014-08-13 04:47 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE