<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

中性脂肪とエゴマ油

中性脂肪を減少させる為に有効となるのがエゴマ油です。なぜなら、エゴマ油には中性脂肪を減少させる働きがあるα-リノレン酸が豊富に含まれている為です。ちなみにα-リノレン酸とはオメガ3脂肪酸に分類される栄養素です。肉類の脂身に含まれている脂肪酸のように中性脂肪を増加させるという事はありません。むしろ中性脂肪を減少させる為に有効となるのです。このように食事から摂取する脂の質によって中性脂肪は増加もするし減少もするのです。そして、中性脂肪を減少させる為に有効となるのがα-リノレン酸なのです。ただし、α-リノレン酸には酸化しやすいという弱点があり酸化したα-リノレン酸は動脈硬化や老化のスピードを早める原因となる為に注意が必要です。

中性脂肪 減らす
[PR]

  by superace1208 | 2014-08-27 06:09 | 健康

糖尿病とあたりめ

糖尿病を改善・解消する為に有効となるのがあたりめです。なぜなら、あたりめにはタウリンが豊富に含まれている為です。タウリンにはインスリンの分泌を促進する働きがありますからね。ですから、あたりめは糖尿病を改善・解消する為に有効となるのです。しかし、あたりめは頻繁に食べる事は控えたい食材なのです。なぜなら、あたりめには糖尿病を改善・解消する為に有効となるタウリンだけではなくコレステロールやプリン体など身体に害を及ぼす成分も豊富に含む為です。まず、コレステロールは動脈硬化や脂質異常症の原因となりますし。プリン体は痛風の原因となります。このようにあたりめには身体に害を及ぼす成分も豊富に含まれているのです。

糖尿病 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-08-13 04:47 | 健康

鮎と痛風

鮎は痛風を改善・解消する為に有効となります。なぜなら、鮎には痛風の原因となるドロドロ血液を改善・解消して血液をサラサラにする働きがあるDHA・EPAを豊富に含む為です。ドロドロ血液とは血液中の中性脂肪・コレステロールが過剰である事が原因となるのですが、DHA・EPAには血液中の中性脂肪・コレステロールを減少させる働きがあるのです。ですから、DHA・EPAは血液をサラサラにするために有効となるのです。しかし、DHA・EPAには酸化しやすいという弱点があり酸化したDHA・EPAは動脈硬化や老化のスピードを早める原因となる為、DHA・EPAを摂取する際は注意が必要です。具体的には鮎を食べる際は鮮度に注意するという事です。鮎の鮮度に比例してDHA・EPAが酸化する為です。

痛風 解消
[PR]

  by superace1208 | 2014-08-07 05:20 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE