<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

高脂血症とイカの関係

高脂血症を改善する為に最適な食材がイカです。なぜならイカには血液中の中性脂肪やコレステロールを減少させる成分が豊富に含まれている為です。イカに含まれている血液中の中性脂肪やコレステロールを減少させる成分とはタウリン・DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)です。タウリンとは含硫アミノ酸の一種で肝臓の蓄積している中性脂肪を取り除たり胆汁酸の分泌を促進することでコレステロールを減少させるなどの働きを期待することが出来る成分です。DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)とはω3脂肪酸の一種です。常温で液体であり身体の中で燃焼されやすく中性脂肪やコレステロールを増加させる材料として蓄積しにくいどころか減少させる働きも期待できる成分です。以上の3成分がイカには含まれています。ですからイカは高脂血症を改善する為に役立つのです。

実は高脂血症改善・対策に役立たないあのサプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2013-12-14 05:26 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE