カテゴリ:健康( 23 )

 

高脂血症とイカの関係

高脂血症を改善する為に最適な食材がイカです。なぜならイカには血液中の中性脂肪やコレステロールを減少させる成分が豊富に含まれている為です。イカに含まれている血液中の中性脂肪やコレステロールを減少させる成分とはタウリン・DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)です。タウリンとは含硫アミノ酸の一種で肝臓の蓄積している中性脂肪を取り除たり胆汁酸の分泌を促進することでコレステロールを減少させるなどの働きを期待することが出来る成分です。DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)とはω3脂肪酸の一種です。常温で液体であり身体の中で燃焼されやすく中性脂肪やコレステロールを増加させる材料として蓄積しにくいどころか減少させる働きも期待できる成分です。以上の3成分がイカには含まれています。ですからイカは高脂血症を改善する為に役立つのです。

実は高脂血症改善・対策に役立たないあのサプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2013-12-14 05:26 | 健康

コレステロールとキトサン

コレステロール対策に効果的な成分がキトサンです。キトサンとは食物繊維の一種である不溶性食物繊維の仲間です。不溶性食物繊維とは水に溶けず胃腸で水分を吸収して数倍に膨張する食物繊維の事です。そのよーな特徴から便のかさましをしたり胃腸を刺激して腸の蠕動運動を刺激するなどして便秘を解消する効果が期待できます。コレステロール対策に関してはコレステロールの原料となるアセチルCOAの原材料となる糖質と脂質の吸収を抑制したり、腸壁から血液中に溶け出すコレステロールを抑制したりしてコレステロールの増加を防ぐ働きがあります。このよーな不溶性食物繊維の仲間がキトサンです。ちなみにキトサンにはエビ・カニ・イカなどに含まれるキチンキトサンときのこ類に含まれるキノコキトサンがあります。

詳しくはこちら
[PR]

  by superace1208 | 2013-10-27 05:27 | 健康

便秘とおから

便秘の対策に有効となる食品が不溶性食物繊維を豊富に含むおからです。なぜなら不溶性食物繊維には腸の蠕動運動を促進する働きと便のかさましをする働きがある為です。腸の蠕動運動を促進する働きがあるという事で弛緩性便秘の対策に有効となります。弛緩性便秘とは腸の蠕動運動が悪いことが原因となる便秘で腹筋が弱い子供・女性・高齢者に多い便秘です。そのよーな便秘の対策におからは有効です。また、不溶性食物繊維は便のかさましをするということで便意を我慢する習慣から排便感が麻痺してしまった直腸性便秘の対策にも有効です。直腸に達する便のかさが多ければ排便感が促される働きがある為です。ということで、おからは直腸性便秘の対策にも有効なのです。

プランタゴオバタ【サイリウム・イサゴール】の便秘解消パワー
[PR]

  by superace1208 | 2013-10-16 05:35 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE