カテゴリ:健康( 23 )

 

鮎と痛風

鮎は痛風を改善・解消する為に有効となります。なぜなら、鮎には痛風の原因となるドロドロ血液を改善・解消して血液をサラサラにする働きがあるDHA・EPAを豊富に含む為です。ドロドロ血液とは血液中の中性脂肪・コレステロールが過剰である事が原因となるのですが、DHA・EPAには血液中の中性脂肪・コレステロールを減少させる働きがあるのです。ですから、DHA・EPAは血液をサラサラにするために有効となるのです。しかし、DHA・EPAには酸化しやすいという弱点があり酸化したDHA・EPAは動脈硬化や老化のスピードを早める原因となる為、DHA・EPAを摂取する際は注意が必要です。具体的には鮎を食べる際は鮮度に注意するという事です。鮎の鮮度に比例してDHA・EPAが酸化する為です。

痛風 解消
[PR]

  by superace1208 | 2014-08-07 05:20 | 健康

糖尿病と揚げ物

糖尿病を悪化させる食品が揚げ物です。なぜなら、揚げ物には高GI食品である小麦粉やトランス脂肪酸を豊富に含む為です。まず、高GI食品である小麦粉を豊富に含むという事で血糖値を急激に上昇させやすくインスリンの無駄遣いに繋がりやすいという事です。インスリンとは生涯で分泌できる量に限りがあります。ですから、インスリンを無駄遣いさせる高GI食品は出来だけ食べないほうが良いのです。ということで高GI食品である小麦粉を豊富に含む揚げ物類は糖尿病を悪化させるので食べるのを控えたほうが良いのです。また、トランス脂肪酸にはインスリン抵抗性を悪化させる働きがある事からも糖尿病を悪化させる食品なのです。以上の理由から揚げ物は糖尿病を悪化させるのです。

糖尿病 予防
[PR]

  by superace1208 | 2014-07-10 06:25 | 健康

善玉コレステロールとぶどう

善玉コレステロールを増やす為に有効となる食材がぶどうです。なぜなら、ぶどうには善玉コレステロールを増やす働きがあるレスベラトロールと呼ばれる成分が豊富に含まれている為です。ちなみにレスベラトロールとは植物の苦味、渋味、色素の成分となっている化合物の総称であるポリフェノールの一種です。そんなポリフェノールの一種であるレスベラトロールには善玉コレステロールを増やす働きがあるのです。ですからレスベラトロールが豊富に含まれているぶどうは善玉コレステロールを増やす為に有効となる食材なのです。ということでぶどうを原材料とする食品・飲料物は善玉コレステロールを増やす為に有効となるのです。ですから赤ワイン・ブドウジュースは善玉コレステロールを増やす為に有効となるのです。

善玉コレステロール サプリ
[PR]

  by superace1208 | 2014-02-23 06:03 | 健康

高血圧と枝豆

高血圧を予防する働き、中高年女性の高血圧を解消する働きがある食材が枝豆です。なぜ枝豆が高血圧を予防するのかと言えば血液中の中性脂肪、コレステロールが過剰になる事を抑制する為です。血液中の中性脂肪、コレステロールが過剰ですと血行不良になる高血圧の原因となります。ですから血液中の中性脂肪、コレステロールの増加を抑制する枝豆は高血圧の予防に役立つのです。ちなみに枝豆に含まれている高血圧を予防する成分とは不溶性食物繊維です。次に枝豆がなぜ中高年女性の高血圧を解消する為に役立つのかと言えば分泌量が低下したエストロゲンを補うイソフラボンが多く含まれている為です。エストロゲンの分泌低下は血液中の中性脂肪、コレステロールを増加させて高血圧の原因となりますからね。

高血圧 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-02-16 07:14 | 健康

悪玉コレステロールとカップラーメン

悪玉コレステロールが増える弊害となる食品がカップラーメンです。なぜならカップラーメンには悪玉コレステロールが増える弊害となるトランス脂肪酸という成分が豊富に含まれている為です。ちなみにトランス脂肪酸とは常温で液体であり身体の中で燃焼されやすく悪玉コレステロールを増加させにくい不飽和脂肪酸の一種です。しかしながら常温で固体であり身体の中で燃焼されにくく悪玉コレステロールを増加させやすい飽和脂肪酸と似た働きをするのです。ということでトランス脂肪酸は不飽和脂肪酸でありながら悪玉コレステロールを増加させやすいのです。そして、以上のような成分であるトランス脂肪酸がカップラーメンには豊富に含まれているのです。ですからカップラーメンは悪玉コレステロールを増加させやすいのです。

悪玉コレステロール サプリ
[PR]

  by superace1208 | 2014-02-09 07:16 | 健康

便秘とアスパラガス

便秘を解消する為に有効となる食材はアスパラガスです。なぜならアスパラガスには腸の蠕動運動を良くする成分が豊富に含まれている為です。腸の蠕動運動が悪いという事は腸が直腸へ押し出されていかない事であり、それは便秘の原因となります。ですから、便秘を解消する為には腸の蠕動運動を良くする必要があるのです。ちなみにアスパラガスに含まれている腸の蠕動運動を良くする成分とは不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維とは水分を吸収して訪朝する食物繊維です。そして、前述した特徴から腸壁を刺激して腸の蠕動運動を良くするのです。腸の蠕動運動とは腸壁が刺激されることで良くなりますからね。ということで不溶性食物繊維を多く含むアスパラガスは便秘を解消する為に役立つのです。


便秘 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-02-04 19:55 | 健康

脂肪肝とエリンギ

脂肪肝を予防する為に有効となる食材がエリンギです。ちなみにエリンギが脂肪肝を予防する為に有効となる理由はキノコキトサンの働きによるものです。キノコキトサンには血液中の中性脂肪、コレステロールが必要以上に増加することを抑制する働きがあります。中性脂肪、コレステロールとは身体に必要な成分ではあるのですが必要以上の増加すると脂肪肝を含め様々な疾患の原因となります。そして、中性脂肪、コレステロールが必要以上に増加する原因は血液中の中性脂肪、コレステロールが過剰になる事が原因なのです。なぜなら中性脂肪、コレステロールは血液を介して全身へと供給される為です。ですから血液中の中性脂肪、コレステロールの増加を抑制するキノコキトサンを含むエリンギは脂肪肝を予防する為に有効となるのです。

脂肪肝 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-02-02 07:29 | 健康

オクラと中性脂肪

オクラは中性脂肪の増加を抑制する為に最適な食材です。なぜオクラが中性脂肪の増加を抑制する為に最適な食材なのかといえばペクチンが豊富に含まれている為です。ペクチンとは水溶性食物繊維の一種です。水に溶けてゲル化することで腸壁から血液中に吸収される中性脂肪を吸着して便として体外へ排泄させる働きがあります。以上の働きがある事から水溶性食物繊維は中性脂肪の増加を抑制する為に役立つのです。ですから水溶性食物繊維の一種であるペクチンが豊富に含まれているオクラは中性脂肪の増加を抑制する為に最適な食材なのです。以上話をまとめるとオクラには腸壁から血液中の中性脂肪が吸収されることを抑制するペクチンが豊富に含まれています。ですからオクラは中性脂肪の増加を抑制する為に最適なのです。

中性脂肪 サプリ
[PR]

  by superace1208 | 2014-01-26 06:50 | 健康

便秘とイヌリン

便秘を解消する為に有効となる成分がイヌリンです。なぜイヌリンが便秘を解消する為に有効となるのかと言えば便を柔らかくしたり便の滑りを良くしたりする為です。便秘とは腸の便が停滞し硬くなっている状態です。ですからイヌリンによる便を柔らかくしたり滑りを良くしたりする働きは便秘を解消する為に有効なのです。なぜイヌリンには前述した働きがあるのかと言えば水に溶けてゲル化する為です。そして、硬くなった便をコーティングしたり混じり合う事で便を柔らかくしたり滑りを良くしたりするのです。ごぼう・菊芋・にらに豊富に含まれているので、それらの食材を食べることでイヌリンを十分に摂取することが出来ます。
便秘 サプリ
[PR]

  by superace1208 | 2014-01-07 06:33 | 健康

いりことDHA・EPA

いりこにはDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。ちなみにDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)とはオメガ3脂肪酸と呼ばれる一種の脂肪酸です。常温で液体であり身体の中に摂り込まれても即燃焼されて溶けてしまう為太りにくい脂肪酸でもあります。つまり、DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)とは良質な脂肪酸なのです。そんなDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれている食材がいりこなのです。なんと、いりこ100gにDHA(ドコサヘキサエン酸)9500㎎・EPA(エイコサペンタエン酸)11800㎎含まれています。DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)の必要摂取量は1日1000㎎ですから大変豊富ですよね。
dha epa サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-01-05 15:11 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE