カテゴリ:健康( 23 )

 

ダイエットときのこ

ダイエットをする為に有効となるのがきのこ類です。なぜなら、きのこ類にはダイエットの大敵となる中性脂肪を増加させる材料となる代謝されなかった糖質・脂質の発生を抑制する不溶性食物繊維を豊富に含む為です。ちなみに不溶性食物繊維とは胃腸で水分を吸収して数十倍に膨張する事を特徴とする食物繊維の事です。そのような特徴から腸内の過剰な糖質・脂質を絡め取る働きがあるのです。そして、そのようにして絡め取られた糖質や脂質は便として体外へ排泄されてしまうのです。このようにして不溶性食物繊維は中性脂肪を増加させる材料となる過剰な糖質・脂質の発生を抑制するのです。そのような働きをする不溶性食物繊維を豊富に含む事からきのこ類はダイエットに有効となるのです。

ダイエット 3日 5キロ
[PR]

  by superace1208 | 2014-11-18 06:18 | 健康

ダイエットと血糖値の関係

ダイエットをするポイントは血糖値を急激に上昇させる高GI食品を控えるという事です。高GI食品とはダイエットをする上で減少させるべき中性脂肪を増加させやすい為です。なぜなら、高GI食品とは脳や身体を動かすエネルギー源として使用されない過剰な糖質を発生させやすい為です。血中の糖質は脳や身体を動かすエネルギー源として使用されます。しかし、血中の糖質全てがそうなるわけではありません。血中の糖質が多く存在すればするほど脳や身体を動かすエネルギー源とはならない無駄な糖質が発生するのです。そして、そのような糖質が中性脂肪を増加させる材料になるのです。血糖値を急激に上昇させて血中に糖質が一気に摂り込まれる高GI食品は、だからこそダイエット中は控えたいのです。

ダイエット 3日 2キロ
[PR]

  by superace1208 | 2014-11-03 05:44 | 健康

心筋梗塞とエストロゲン

心筋梗塞になりやすくなる原因がエストロゲンの分泌量の低下です。ですから、女性は中高年にナルト心筋梗塞になりやすくなるわけです。なぜなら、女性は加齢とともエストロゲンの分泌量が低下する為です。ちなみにエストロゲンの分泌量が低下する事で心筋梗塞になりやすくなる原因とは脂質代謝が低下する為です。エストロゲンとは脂質代謝に関与しています。ですから、エストロゲンの分泌量が低下すると脂質代謝が低下してしまうのです。こうなると代謝されない脂質、つまり、心筋梗塞の原因となる血液中の中性脂肪・コレステロールを過剰にする無駄な脂質が発生しやすくなるわけです。このようにしてエストロゲンの分泌量が低下すると心筋梗塞になりやすくなってしまうのです。

心筋梗塞 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-10-17 06:35 | 健康

肌荒れとアセロラ

肌荒れを改善する為に有効となるのがアセロラです。なぜなら、アセロラにはビタミンCが豊富に含まれている為です。ビタミンCとは肌のハリ・潤いを保つ為に必要となるコラーゲンの生成に欠かせない成分です。逆に言えばビタミンCが不足するとコラーゲンの生成が上手くいかずに肌のハリ・潤いが失われてしまうのです。そして、肌のハリ・潤いが失われるという事はしみ・しわ・くすみの原因となってしまうのです。ですから、肌荒れを解消する為にはビタミンCを十分に摂取する事が必要不可欠なのです。ということでビタミンCを豊富に含むアセロラを食べる事が肌荒れを改善する為に有効となるのです。すっぱくて苦手な方もいるかもしれませんが美肌に欠かせない食材ですね。

肌荒れ サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-10-10 06:24 | 健康

メタボと運動不足

メタボの原因となるのが運動不足です。なぜなら、運動不足になるとメタボの原因となる中性脂肪・コレステロールを増加させる材料となる無駄な糖質・脂質が発生しやすくなる為です。糖質とは脳や身体を動かすエネルギー源となるのですが、運動不足になれば身体を動かすエネルギー源はさほどいらなくなるわけですから、普通に食事をしているだけでもエネルギー源とはならない無駄な糖質が発生します。脂質の関しても同様です。運動不足になり身体を動かす機会が減ればエネルギー源はさほどいらないわけですから、無駄な脂質が発生します。このように運動不足になると無駄な糖質や脂質が発生してしまうのです。このようにして中性脂肪・コレステロールが増加しメタボになってしまうのです。

メタボ解消サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-10-03 06:33 | 健康

脂肪肝とイノシトール

脂肪肝の予防・対策に有効となるのがイノシトールです。イノシトールは別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれるほど脂肪肝の予防・対策に有効となる成分なのです。なぜなら、イノシトールは脂肪の流れを良くして、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないようにコントロールする働きを担っている為です。脂肪肝とは肝臓に中性脂肪・コレステロールが過剰蓄積してしまう疾患です。ということで脂肪肝の予防・対策とは肝臓に中性脂肪・コレステロールが蓄積しないようにすることなのです。ですから、イノシトールは脂肪肝の予防・対策に有効となるのです。ちなみにイノシトールとはオレンジ・すいか・メロン・グレープフルーツ・桃に豊富に含まれています。このようにイノシトールとは果物に豊富に含まれています。

脂肪肝
[PR]

  by superace1208 | 2014-09-22 05:41 | 健康

コレステロールと魚卵

コレステロールを上げる原因となるのが魚卵です。なぜなら、魚卵にはコレステロールが大量に含まれている為です。ですから、魚卵はコレステロールを上げる原因となるのです。しかし、魚卵は適度に食べる分にはコレステロールを下げる為に有効となるのです。なぜなら、魚卵にはDHA・EPAとコレステロールを下げる働きがある成分を含む為です。ちなみにDHA・EPAとは魚卵の脂分に含まれている成分です。オメガ3脂肪酸に分類される栄養素である為、体内で生成する事が出来ない必須脂肪酸でもあります。その為、毎日摂取しなければいけない成分です。だからといって魚卵ばかり食べれば良いわけではありません。魚卵にはコレステロールが大量に含まれている訳ですからね。

コレステロール 下げる
[PR]

  by superace1208 | 2014-09-11 06:50 | 健康

中性脂肪とアジ

中性脂肪を減少させる為に有効となるのがアジです。なぜなら、アジには中性脂肪を減少させる働きがあるDHA・EPAが豊富に含まれている為です。中性脂肪を減少させる為には一日当たり1000㎎程度のDHA・EPAが必要となるのですが、アジには可食部100g当たり1156㎎のDHA・EPAが含まれています。ですから、アジを100g程度食べれば中性脂肪を減少させる為に十分となるDHA・EPAを摂取する事が出来るのです。ただし、DHA・EPAには酸化しやすいという弱点があり、酸化したDHA・EPAは動脈硬化や老化のスピードを早める原因となるのでアジを食べる際は鮮度に注意してください。DHA・EPAとはアジの鮮度が落ちることに比例して酸化していくためです。ということで中性脂肪を減少させる為には新鮮なアジを食べるようにしましょう。


中性脂肪 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-09-10 06:12 | 健康

中性脂肪とエゴマ油

中性脂肪を減少させる為に有効となるのがエゴマ油です。なぜなら、エゴマ油には中性脂肪を減少させる働きがあるα-リノレン酸が豊富に含まれている為です。ちなみにα-リノレン酸とはオメガ3脂肪酸に分類される栄養素です。肉類の脂身に含まれている脂肪酸のように中性脂肪を増加させるという事はありません。むしろ中性脂肪を減少させる為に有効となるのです。このように食事から摂取する脂の質によって中性脂肪は増加もするし減少もするのです。そして、中性脂肪を減少させる為に有効となるのがα-リノレン酸なのです。ただし、α-リノレン酸には酸化しやすいという弱点があり酸化したα-リノレン酸は動脈硬化や老化のスピードを早める原因となる為に注意が必要です。

中性脂肪 減らす
[PR]

  by superace1208 | 2014-08-27 06:09 | 健康

糖尿病とあたりめ

糖尿病を改善・解消する為に有効となるのがあたりめです。なぜなら、あたりめにはタウリンが豊富に含まれている為です。タウリンにはインスリンの分泌を促進する働きがありますからね。ですから、あたりめは糖尿病を改善・解消する為に有効となるのです。しかし、あたりめは頻繁に食べる事は控えたい食材なのです。なぜなら、あたりめには糖尿病を改善・解消する為に有効となるタウリンだけではなくコレステロールやプリン体など身体に害を及ぼす成分も豊富に含む為です。まず、コレステロールは動脈硬化や脂質異常症の原因となりますし。プリン体は痛風の原因となります。このようにあたりめには身体に害を及ぼす成分も豊富に含まれているのです。

糖尿病 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-08-13 04:47 | 健康

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE