心筋梗塞とエストロゲン

心筋梗塞になりやすくなる原因がエストロゲンの分泌量の低下です。ですから、女性は中高年にナルト心筋梗塞になりやすくなるわけです。なぜなら、女性は加齢とともエストロゲンの分泌量が低下する為です。ちなみにエストロゲンの分泌量が低下する事で心筋梗塞になりやすくなる原因とは脂質代謝が低下する為です。エストロゲンとは脂質代謝に関与しています。ですから、エストロゲンの分泌量が低下すると脂質代謝が低下してしまうのです。こうなると代謝されない脂質、つまり、心筋梗塞の原因となる血液中の中性脂肪・コレステロールを過剰にする無駄な脂質が発生しやすくなるわけです。このようにしてエストロゲンの分泌量が低下すると心筋梗塞になりやすくなってしまうのです。

心筋梗塞 サプリメント
[PR]

  by superace1208 | 2014-10-17 06:35 | 健康

<< ダイエットと血糖値の関係 肌荒れとアセロラ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE